カードローンが払えなくなったら

カードローンの利用をしている方の中には、借りたは良いものの返済が難しくなってきたという方もいるかもしれませんね。
借りたお金を返すのは当然のことなのですが、様々な事情で払えなくなってしまうということはあるものです。
では実際にカードローンの返済を払えなくなったらどうなってしまうのでしょうか。
カードローンの返済を払えなくなったらまずは業者から請求や督促がくることになるでしょう。
返済日を過ぎたらまずは電話やメール、ハガキなどで請求が来るかと思います。
その段階ですぐに返済するか、あるいはいつまでに返済できるという旨を伝えることができればその段階で止めることも可能です。
しかしもうどうしても払えなくなったら業者から内容証明郵便が届きます。
内容証明郵便では最終的な支払いの期限が書かれていますが、それでも支払えない場合は法的な手続きをするということになってしまいます。
そうなると裁判が行われることになりますが、借りたお金を返せないということですから言い訳もできませんね。
裁判が行われうと強制執行ということになり、給料や財産などの差し押さえが行われることになるでしょう。
一昔前のイメージのように家に怖い人が来て取り立てをされるということはありませんが、このように訴訟、裁判で決着を付けることになります。

無選択型の生命保険とは

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

ダイナースクラブカードローンのポイントについて

ダイナースクラブのクレジットカードを利用しているという方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、
その中でカードローンを利用したいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
カードローンというと消費者金融や銀行で扱っているものもありますが、
このダイナースクラブのようなクレジットカードで利用できるカードローンというのもありますね。
ダイナースクラブのクレジットカードでもカードローンはあるのですが、自動的には付いてこないので申し込みをする必要があります。
申し込みをして審査にとおれば無事ダイナースクラブカードでカードローンを利用できます。
こういったクレジットカードというとショッピングの利用に応じてポイントが貯まるというのが一つの魅力ではありますが、
カードローンの利用では残念ながらポイントは貯まりません。
ただ、時にはキャンペーンを行っていることもあり、一定以上のカードローンを利用することでポイントが抽選でプレゼントされる、なんていうキャンペーンも過去にはあったようですね。
常に行っているキャンペーンではありませんし、今後同じようなキャンペーンがあるかどうかはわかりませんが、気になる方はチェックしておくとよいでしょう。

農協カードローンの審査について?235 views

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

カードローンの有効期限について

カードローンを利用している方なら、当然そのカードを持っているかと思います。
あまり気にしないという方も多いかもしれませんが、カードローンのカードには実はそれぞれ有効期限というものが設定されていますね。
クレジットカードなんかだと有効期限を意識することというのは結構あるかと思いますが、カードローンのカードで有効期間を意識することはあまりないでしょう。
しかし、それでもきちんと有効期限は決まっており、その期限を過ぎればそのカードを使うことはできません。
では、有効期限が来たらその業者からは借り入れできないのか、というとそういうわけではありません。
一般的にほとんどのカードローンでは契約については「自動更新」となっているはずです。
期限までの期間は業者によってさまざまではありますが、自動更新ですので、いつまにか契約が切れて使えなくなっていたということはほとんどありません。
期限が迫ると業者から新しいカードが自動的に送られてくるでしょうから、古いカードは破棄して新しいカードでまた借り入れをすることができます。
ただ逆ん言えば自動更新ですから、解約については自分から手続きをしなければいけないということでもあります。
持っているとついつい使ってしまうというような方はきっちり解約をすることも必要ですね。

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

カードローンの複数借入について

カードローンの利用をするためには審査に通る必要があります。
カードローン業者の審査基準というのは一切公表されませんので、実際にどのような審査が行われているかというのはわかりませんが、
多くの業者ではだいたいその内容は共通しており、重要となるポイントも同じです。
カードローンの審査で落ちてしまう原因というのはいくつかありますが、中でも多いのは複数借入をしている場合ですね。
複数借入というのはそのカードローンを申し込む以前にすでに複数の業者からお金を借りている状態ということです。
他の業者で借入をしているのかどうかという情報については申し込みの際に自己申告するのはもちろんですが、
信用情報として業者間ではいつでも確認できるようになっていますから、虚偽の申告をしたとしても複数借入をしているかどうかは業作には筒抜けです。
むしろそこで虚偽の申告をするようであれば信用できないと判断されてその時点で審査には落ちるでしょう。
他の業者からの借入が1、2件で金額も少額であれば業者によっては問題ないと判断して審査に通る可能性もありますが、
複数借入をしている方というのは相当お金に困っており、返済能力がないと判断されてしまいます。

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

dicのカードローンについて

お金に困った時、あるいはまとまった出費が必要となった時に利用したいのがカードローン。
カードローンを扱っている業者というのは非常にたくさんあり、
それぞれに利用の条件や審査の通りやすさなどが異なりますから、どこの業者を利用するのかというのはよく考える必要がありますね。
たくさんのカードローン業者が存在していますが、例えばdic(ディック)というのもその一つです。
dicはCFJ株式会社という会社のカードローン商品の名前でもありますね。
dicのカードローンですが、まず気になる金利については実質年率が12.88%?17.88%と、特別低いというわけではありません。
借り入れ可能な限度額は最大300万円までとなっています。
特長となっているのは初めての契約をされる方であれば、最初の契約の翌日から30日間は利息がゼロになるという点ですね。
ディックを利用するのが初めてなら一ヶ月は無利息で借りられるというのは大変お得ですよね。
30日以内に返済することができれば、全くマイナスなしにお金を借りられたということになりますからね。
オンラインからの申し込みはもちろん、振り込み依頼なども可能となっています。
返済方式は元利定額リボルビング方式となっていますね。

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

アプラスのカードローンについて

新生銀行グループのアプラスでもカードローンは扱われています。
アプラスで扱っているカードローンはα倶楽部カードという商品名で提供されています。
アプラスでは各種目的別ローンの商品も用意されていますが、このα倶楽部カードは使途自由のカードローンということになりますね。
気になる利用条件についてですが、まず一番気になる金利については実質年率6.90%?18.00%となっています。
特に他の金融機関と比べて金利が低いというわけではないようですね。
一番低い6.90%で借りようと思えば200万円以上の借り入れをする必要があります。
利用可能枠の最大は300万円までで、これも一般的なカードローンと大差ないですね。
毎月に返済についてはATMでの返済か口座振替での返済を選ぶことができます。
ATMの場合であれば5、10、15、20、25、末日の中から自分で毎月の返済期日を設定することが可能、口座振替の場合は毎月27日に自動引き落としとなります。
返済金額については借入残高に応じて決まります。
借入残高が30万円以下なら残高の4%、100万円以下なら3%、100万円以上の借り入れなら2.5%が返済額となります。
もちろん、毎月決められた金額以上の随時返済というのも可能です。

カテゴリー: カードローン | タグ: , , , , | コメントする

サイトマップ

カテゴリー: カードローン | コメントする